やはり町から離れて田舎暮らしをしていてよかった。



つかみどころがない自然に圧倒されながら、いつかは



わかるだろうと自分に言い聞かせていたのです。まわりは人やコンクリートの中で暮らしていた僕は、ほんと魑魅魍魎で、夜は真っ暗闇の世界に慣れずに居続けた。



年月をへて今はこの地の波動と共鳴するようになってきたのです。