著者: 永沢哲 野生の哲学愛についての詩

2008年06月24日

インド式コウフク論

ようこそ



わたしの愛読書から紹介します。



あるがままに―ラマナ・マハルシの教え



■質問者 (あるがままにp-31)

     

どういう意味で、



私たちの真の本性が幸福あるいは至福だと言われるのでしょうか?





 マハルシ:完全な至福がブラフマンなのだ。



完全な平和は真我に由来している。



     唯一存在するもの、それが意識なのである。



幸福と呼ばれるもの、それが



   真我の唯一の本性である。



真我とは完全な幸福以外の何ものでもない。



     幸福と呼ばれるそれだけが存在している。



     その事実を知って真我の境地にとどまり、



永遠の至福を享受しなさい。



     

     もし外面的な原因や自分の所有するものが



幸福の原因だと考えるなら、



     所有するものが増えれば幸福も大きくなり、



所有するものが減るにしたがって



     幸福も少なくなると



結論づけることは理にかなっていると言えるだろう。



     そうすると、



もし所有するものが無ければ、



幸福はありえないはずである。



     実際の体験ではどうだろう?



それはこの考えと一致しているだろうか?





     深い眠りのなかで、



人は自分の身体も含めて何も所有していない。



     それにもかかわらず、不幸であるどころか、



まったく幸せだ。



     誰もがぐっすりと眠ることを望んでいる。



つまり幸福は本来、人に備わったものであり、



外的な原因によるものではないということである。



     人に生来、備わった純粋な幸福の扉を開くためには、



真我を実現しなければならない。





    *ブラフマン:ヒンドゥー教の非人格的絶対神



    *アートマン:真我



   (引用 福間 巌訳 「あるがままに」ラマナ・マハルシの教え)


isoh3 at 16:57│Comments(0)スピリチュアル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
著者: 永沢哲 野生の哲学愛についての詩